前へ
次へ

低学年ではやってはいけないことの区別がつかない

社会で生きていくためには社会に順応する必要があり、そのためにはいろいろな決まりに従わないといけないでしょう。
子供から大人までが社会で生活していますが、経験が豊かな大人であればいろいろな決まりなどを知っているのでそれに従えます。
しかし子供は何をしたらいけないのかが分からないときもあります。
低学年の子供に教育をするとき、やっていいことと良くないことの区別を付けようとするかもしれません。
やってはいけないことを子供がしようとしたら親や先生などの大人が注意をします。
これまでであれば話をして注意をするだけでなくしつけとして頭を叩くなどがあったかもしれません。
子ども自身も頭を叩かれるのはうれしくないことで、それをされたらしてはいけないのだと認識するのでしょう。
でも教育方法としては必ずしも正しいわけではありません。
叩かれない限りそれが良くないことと分からなくなる可能性があります。
やってはいけないことの区別をどうさせるかを大人は考える必要があります。

Page Top