前へ
次へ

柔軟な思考力を養うよう子どもを教育

小学校において教師が子供に各教科を教えるときには一定の基準が設けられています。
多くの教師はその基準に従って教えるので、多くの子供は同じように教えられて答などを導くのでしょう。
しかし問題の中には解き方が複数あったりしますがそのすべてを教えることができないのが現実です。
一つの問題を解く方法が複数あっても学校では決められた解き方しか教えないので、学校としての正解は正しい解き方を用いて正しい解答を得ることになります。
理論上は間違っていなくても学校で教えていない解き方を用いて正解を導き出した時に不正解としてバツをされるときもあるようです。
小学校などでは順序に従って教えたりするので、基準を設けてその通りに教えることは重要と言えるでしょう。
しかしいろいろな思考力を持って正解を導き出している子にそれは間違っていると伝えるのはいいことかどうかです。
大人の頭が固くなりすぎると、子供にいい教育ができなくなってしまいます。

Page Top