前へ
次へ

他国の子供より自尊感情が少ない傾向

子どもの時に将来は人の役に立つようなことをしたいと考える人は多いでしょう。
そのための仕事を夢見たりボランティアなどに参加してみたいと考えている子もいるかもしれません。
社会で生きていくためには自分のことだけでなく周りとの同調も必要になります。
社会で必要とされる人になっていくべきでしょう。
では実際に子供たちは自分たちをいい人間だと考えているかどうかです。
世界において同じようなアンケートをとると自分はいい人間だと答える子が半数以上の国が多くなります。
子供のころはまだ成長過程にあるものの、いろいろな勉強は将来のために行うので、それがうまくいっているならいい子と考えるのかもしれません。
一方日本人の子どもにアンケートをとるといい人間だと考えている子の割合が非常に減ります。
他の国の子供に比べると自尊感情が少ないため、叱り方によって余計に落ち込んでしまう可能性があるでしょう。
控えめにいい子と言えないだけならいいですが、多少は自分を評価することも必要でしょう。

Page Top