前へ
次へ

義務教育学校は素晴らしい教育のスタイル

元々の義務教育は小学校で6年間学んだ後に友達になった子供達とあえてバラバラになって中学校で3年間の学びを受ける仕組みでしたが、小学生の時と中学生になってからでは環境が大きく変わる事で、中々学校に馴染む事が出来ない生徒が発生してしまい、中1ギャップとも呼ばれていました。
これを解決する策として打ち出されたのが、義務教育学校なのですが、小学校と中学校の9年間を一貫教育する画期的なシステムなので、小学校で形成された人間関係を崩すことなくスムーズに中学生になる事が出来て、環境の変化によるインパクトを小さくする事が出来ます。
大人でも仕事で出張や転勤した時に環境が大きく変わると体調が優れなくなったりする方も出てしまうぐらいですから、それを小学生から中学生になる子供の段階で似たような事をさせてしまうのは厳しかったので、義務教育学校等で改善されてきている事は挫折する子供を減らす事に繋がり、将来的に国を支えてくれる立派な大人を増やす事にも繋がってくるので、非常に素晴らしい事です。

Page Top